2006年03月29日

不連続的差異論関連の読書・文献案内(哲学・思想篇)ver 3

不連続的差異論を理解するための、あるいは、イデア論的思考のための文献リストを作成しました。


プラトン著
『ティマイオス』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000904221/qid=1143437392/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『国家』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360176/qid=1143437442/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360184/qid=1143437442/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3


アリストテレス著
『心とは何か』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061593633/qid=1143533352/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『形而上学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360435/qid=1143533578/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360443/qid=1143533578/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0291.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9
http://www8.plala.or.jp/StudiaPatristica/philosophia10.htm


空海著
『秘密曼荼羅十住心論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480770011/qid=1143522396/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0750.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7


道元著
『正法眼蔵』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309407196/qid=1143521262/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl27/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003331907/qid=1143537805/sr=8-12/ref=sr_8_xs_ap_i12_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0988.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%85%83


スピノザ著
『エチカ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4124006403/qid=1143437799/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361547/qid=1143437623/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361555/qid=1143437623/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%82%B6


ニーチェ著
『悲劇の誕生』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363914/qid=1143438378/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『道徳の系譜』、『善悪の彼岸』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080813/qid=1143436980/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『ツァラトゥストラはこう言った』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363922/qid=1143444476/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363930/qid=1143444476/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『このようにツァラトゥストラは語った』
http://www.bk1.co.jp/product/161882
http://www.bk1.co.jp/product/161883
『反キリスト者』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080848/qid=1143442913/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/25 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431 0-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1023.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7


南方熊楠著
『南方熊楠コレクション』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309472060/qid=1143534816/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-8960880-5103431
『森のバロック』中沢新一著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796701710/qid=1143537588/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/kumagusu/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0


ルドルフ・シュタイナー著
『いかにして超感覚的世界の知覚を獲得するか』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480086641/qid=1143438061/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC


D. H. ロレンス著
『黙示録論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480088873/qid=1143437903/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『無意識の幻想』
http://www.bk1.co.jp/product/483403/?partnerid=99easylink
http://ja.wikipedia.org/wiki/D%E3%83%BBH%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9


ホワイトヘッド著
『過程と実在』
http://www.bk1.co.jp/product/312072
http://www.bk1.co.jp/product/411458
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9870631827
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9833995632
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0995.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89


フッサール著
『イデーン』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019167/qid=1143487609/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019175/qid=1143487609/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019183/qid=1143487609/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『デカルト的省察』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003364333/ref=pd_sim_dp_3/250-8960880-5103431
『ブリタニカ草稿』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4480088172/reviews/ref=cm_rev_more/250-8960880-5103431#4
『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122023394/qid=1143488211/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『幾何学の起源』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791760344/qid=1143531497/sr=1-20/ref=sr_1_2_20/250-8960880-5103431
『現象学とは何か』新田義弘著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061590359/qid=1143437137/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8960880-5103431
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/j/HUA-home.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AB


西田幾多郎著
『西田幾多郎哲学論集〈1〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312449/qid=1143520633/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『西田幾多郎哲学論集〈2〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312457/qid=1143520633/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
『西田幾多郎哲学論集〈3〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312465/qid=1143520633/sr=8-3/ref=sr_8_xs_ap_i3_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/nishida_guidance.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1086.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%94%B0%E5%B9%BE%E5%A4%9A%E9%83%8E
http://homepage1.nifty.com/office-ebara/philos4.htm
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person182.html


鈴木大拙著
『新編 東洋的な見方』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003332326/ref=pd_sim_dp_2/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/daisetsu_guidance.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%A4%A7%E6%8B%99


九鬼周造著
『いきの構造』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003314611/qid=1143524765/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『偶然性の問題』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4924520497/qid=1143524765/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/kuki_guidance.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0689.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%AC%BC%E5%91%A8%E9%80%A0
http://scrapbook.ameba.jp/imossiblity_book/entry-10000828660.html


ジル・ドゥルーズ著
『記号と事件』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309706177/qid=1143436661/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-8960880-5103431
『ニーチェと哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772000151/qid=1143436847/sr=1-19/ref=sr_1_2_19/250-8960880-5103431
『差異と反復』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309230296/qid=1143437574/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『スピノザと表現の問題』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588003216/qid%3D1143443684/250-8960880-5103431
『スピノザー実践の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582764401/ref=pd_bxgy_text_2/250-8960880-5103431
『哲学とは何か』ドゥルーズ&ガタリ著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309241972/qid=1143444203/sr=1-23/ref=sr_1_2_23/250-8960880-5103431
『原子と分身』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886790070/qid=1143444203/sr=1-28/ref=sr_1_2_28/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA
http://wwwsoc.nii.ac.jp/paj2/thigaki.htm


デリダ著
『声と現象』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480089225/qid=1143531421/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『グラマトロジーについて』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4329000296/qid=1143531518/sr=1-35/ref=sr_1_2_35/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432900030X/qid=1143531518/sr=1-36/ref=sr_1_2_36/250-8960880-5103431
『エクリチュールと差異』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588000799/qid=1143531497/sr=1-19/ref=sr_1_2_19/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588000802/qid=1143531835/sr=1-23/ref=sr_1_2_23/250-8960880-5103431 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%80


根井康之著
『東西思想の超克』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/454083021X/qid=1143437261/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-8960880-5103431
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31487870
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4540041851/reviews/ref=cm_rev_more_2/250-8960880-5103431
http://homepage3.nifty.com/koujisuwa/neweco1.htm
http://homepage1.nifty.com/office-ebara/philos4.htm
http://d.hatena.ne.jp/sophiologist/20050804


井筒俊彦著
『意識と本質』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003318528/qid=1143438810/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『意識の形而上学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122039029/qid=1143488737/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E7%AD%92%E4%BF%8A%E5%BD%A6


半田広宣/砂子岳彦著
『光の箱舟』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198613524/qid=1143438130/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
http://www.noos.ne.jp/


オスカー・ベッカー著
『ピュタゴラスの現代性』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875022069/qid%3D1143439529/250-8960880-5103431
『数学的思考』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875021453/qid%3D1143442355/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0748.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Oskar_Becker


レヴィナス著
『全体と無限』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003369114/qid=1143524031/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003369122/qid=1143524031/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『存在の彼方へ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061593838/qid=1143524129/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8960880-5103431
『レヴィナス・コレクション』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480084916/qid=1143524129/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9


参考:ソーカル事件の元となったポストモダン理論批判の著書

アラン・ソーカル/ジャン・ブリクモン著
『「知」の欺瞞』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000056786/qid%3D1143443244/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6


p.s. 尚、数学/自然科学篇、政治/経済篇、文学/芸術篇の文献リストも作成したいと思います。

p.p.s. 以下、第3版です。
http://d.hatena.ne.jp/sophiologist/20060331


■参考に関して訂正

訂正しようとしても、四万字の制限を超えてしまうので、ここで訂正します。
《参考:ソーカル事件の元となったポストモダン理論批判の著書》と書きましたが、正しくは、《参考:ソーカル事件の発端となった論文を含むポストモダン理論批判の著書》となります。どうも失礼しました。
posted by ソフィオロジスト at 03:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポストモダン理論とソーカル事件:ポストモダニズムと近代主義の衝突:モダンからパラモダンへ

ソーカル事件は、今や、忘失されているというか、日本では、あまり問題にならずに、忘却されたようだ。
 私は、社会的問題になっているときは、距離を置きたいと思い、関知するのを避けた。しかし、今や、「昔」の事件になったので、冷静に考えられるのである。かつては、本をちらと見て、感情的反発だと思ったものだ。しかし、今や、この問題が、重要な意義をもっていることがわかった。これは、近代主義とポスト近代主義との明確な闘争であるのである。近代主義とポスト近代主義とは、二律背反である。あれか、これかの、二者択一しかありえない問題なのである。
 今、ポストモダニズムは、一時の流行として、忘却されているが、しかし、これは、知的革新なのである。ポスト構造主義の不備、そして、日本におけるポストモダニストたちの不首尾によって、ポスト・モダニズムは、敗退した状態にあるのである。それに対して、不連続的差異論やヌース理論は、ポスト・モダニズムを徹底させているのである。つまり、ポスト・モダニズムとは、換言すると、近代的合理主義、近代的二元論的科学主義に対する現代的プラトニズムの絶対的闘争なのである。(ポストモダンという語が、言い古された感じがあるので、パラ・モダンないしパラモダンという語を造語したい。)
 モダンかパラモダンかである。つまり、モダンは、パラモダンを絶対的に否定するし、パラモダンもモダンを絶対的に否定するのである。しかし、問題は、パラモダンはモダンを高次に包摂しているが、モダンはパラモダンを包摂しえないことである。これは、相対性理論が、ニュートン・ガリレオ力学を包摂できることと類似的である。
 結局、モダンは、パラモダンを魔女狩り的に排除・隠滅しようとするのである。これが、ソーカル事件の意味ではないかと考えられるのである。モダンからパラモダン、近代からパラ近代への移行とは、実際、知的革新、知的革命・「進化」の以外のなにものでもない。これは、哲学、物理学、数学、神秘学、芸術等で準備されてきたものであり、不連続的差異論やヌース理論は、この知的跳躍の徹底である。近代主義の崖っぷちから、思い切って、宇宙・コスモスへと命懸けで跳躍することである。
 結局、私が執拗に偏執的に批判してきた近代的狂気とは、パラモダン、パラモダニズム、パラ近代に対する反動なのである。これは、今や、反動的狂気であり、自己中心的に、破壊的になっているのである。大澤真幸氏のアイロニカルな没入も、これに関係するのである。同一性構造の帰結である近代主義、同一性構造をもつユダヤ・キリスト教の帰結である西洋近代主義を、超克しないと、人類には、未来はないのである。パラモダン「大進化」である。PARAMODERN R-EVOLUTION!!! ここにしか、未来はない。

Without paramodern sophia, modern evil regime will ruin us all.
Overcome evil materialistic modernity and we will have paramodern new eden.
Since all modernity has become most evil and devilish,
Time has come for us to break up this darkest hell of modernity.
Let us destroy the craziest ancien regime of modern japan and the westernized world.
Great Cosmos of Supreme Idea is Emergent Inside Us to Create New Heaven and New Earth!!!

なにとぞ、近代的旧体制を破砕せよ!
創造せよ! 不連続的差異の共立するパラモダン世界を!
近代の破壊とパラモダンの創造、これあるのみである!
posted by ソフィオロジスト at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。