2006年03月29日

不連続的差異論関連の読書・文献案内(哲学・思想篇)ver 3

不連続的差異論を理解するための、あるいは、イデア論的思考のための文献リストを作成しました。


プラトン著
『ティマイオス』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000904221/qid=1143437392/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『国家』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360176/qid=1143437442/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360184/qid=1143437442/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3


アリストテレス著
『心とは何か』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061593633/qid=1143533352/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『形而上学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360435/qid=1143533578/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360443/qid=1143533578/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0291.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9
http://www8.plala.or.jp/StudiaPatristica/philosophia10.htm


空海著
『秘密曼荼羅十住心論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480770011/qid=1143522396/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0750.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7


道元著
『正法眼蔵』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309407196/qid=1143521262/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl27/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003331907/qid=1143537805/sr=8-12/ref=sr_8_xs_ap_i12_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0988.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%85%83


スピノザ著
『エチカ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4124006403/qid=1143437799/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361547/qid=1143437623/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361555/qid=1143437623/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8E%E3%82%B6


ニーチェ著
『悲劇の誕生』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363914/qid=1143438378/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『道徳の系譜』、『善悪の彼岸』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080813/qid=1143436980/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『ツァラトゥストラはこう言った』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363922/qid=1143444476/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363930/qid=1143444476/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『このようにツァラトゥストラは語った』
http://www.bk1.co.jp/product/161882
http://www.bk1.co.jp/product/161883
『反キリスト者』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080848/qid=1143442913/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/25 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431 0-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1023.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7


南方熊楠著
『南方熊楠コレクション』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309472060/qid=1143534816/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-8960880-5103431
『森のバロック』中沢新一著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796701710/qid=1143537588/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/kumagusu/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0


ルドルフ・シュタイナー著
『いかにして超感覚的世界の知覚を獲得するか』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480086641/qid=1143438061/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC


D. H. ロレンス著
『黙示録論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480088873/qid=1143437903/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『無意識の幻想』
http://www.bk1.co.jp/product/483403/?partnerid=99easylink
http://ja.wikipedia.org/wiki/D%E3%83%BBH%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9


ホワイトヘッド著
『過程と実在』
http://www.bk1.co.jp/product/312072
http://www.bk1.co.jp/product/411458
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9870631827
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9833995632
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0995.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89


フッサール著
『イデーン』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019167/qid=1143487609/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019175/qid=1143487609/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019183/qid=1143487609/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『デカルト的省察』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003364333/ref=pd_sim_dp_3/250-8960880-5103431
『ブリタニカ草稿』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4480088172/reviews/ref=cm_rev_more/250-8960880-5103431#4
『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122023394/qid=1143488211/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『幾何学の起源』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791760344/qid=1143531497/sr=1-20/ref=sr_1_2_20/250-8960880-5103431
『現象学とは何か』新田義弘著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061590359/qid=1143437137/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8960880-5103431
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jsshama/j/HUA-home.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AB


西田幾多郎著
『西田幾多郎哲学論集〈1〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312449/qid=1143520633/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『西田幾多郎哲学論集〈2〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312457/qid=1143520633/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
『西田幾多郎哲学論集〈3〉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003312465/qid=1143520633/sr=8-3/ref=sr_8_xs_ap_i3_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/nishida_guidance.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1086.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%94%B0%E5%B9%BE%E5%A4%9A%E9%83%8E
http://homepage1.nifty.com/office-ebara/philos4.htm
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person182.html


鈴木大拙著
『新編 東洋的な見方』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003332326/ref=pd_sim_dp_2/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/daisetsu_guidance.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%A4%A7%E6%8B%99


九鬼周造著
『いきの構造』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003314611/qid=1143524765/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『偶然性の問題』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4924520497/qid=1143524765/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/kuki_guidance.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0689.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%AC%BC%E5%91%A8%E9%80%A0
http://scrapbook.ameba.jp/imossiblity_book/entry-10000828660.html


ジル・ドゥルーズ著
『記号と事件』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309706177/qid=1143436661/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-8960880-5103431
『ニーチェと哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772000151/qid=1143436847/sr=1-19/ref=sr_1_2_19/250-8960880-5103431
『差異と反復』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309230296/qid=1143437574/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『スピノザと表現の問題』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588003216/qid%3D1143443684/250-8960880-5103431
『スピノザー実践の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582764401/ref=pd_bxgy_text_2/250-8960880-5103431
『哲学とは何か』ドゥルーズ&ガタリ著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309241972/qid=1143444203/sr=1-23/ref=sr_1_2_23/250-8960880-5103431
『原子と分身』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886790070/qid=1143444203/sr=1-28/ref=sr_1_2_28/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA
http://wwwsoc.nii.ac.jp/paj2/thigaki.htm


デリダ著
『声と現象』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480089225/qid=1143531421/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『グラマトロジーについて』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4329000296/qid=1143531518/sr=1-35/ref=sr_1_2_35/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432900030X/qid=1143531518/sr=1-36/ref=sr_1_2_36/250-8960880-5103431
『エクリチュールと差異』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588000799/qid=1143531497/sr=1-19/ref=sr_1_2_19/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588000802/qid=1143531835/sr=1-23/ref=sr_1_2_23/250-8960880-5103431 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%80


根井康之著
『東西思想の超克』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/454083021X/qid=1143437261/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-8960880-5103431
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31487870
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4540041851/reviews/ref=cm_rev_more_2/250-8960880-5103431
http://homepage3.nifty.com/koujisuwa/neweco1.htm
http://homepage1.nifty.com/office-ebara/philos4.htm
http://d.hatena.ne.jp/sophiologist/20050804


井筒俊彦著
『意識と本質』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003318528/qid=1143438810/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『意識の形而上学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122039029/qid=1143488737/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E7%AD%92%E4%BF%8A%E5%BD%A6


半田広宣/砂子岳彦著
『光の箱舟』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198613524/qid=1143438130/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
http://www.noos.ne.jp/


オスカー・ベッカー著
『ピュタゴラスの現代性』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875022069/qid%3D1143439529/250-8960880-5103431
『数学的思考』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875021453/qid%3D1143442355/250-8960880-5103431
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0748.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Oskar_Becker


レヴィナス著
『全体と無限』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003369114/qid=1143524031/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003369122/qid=1143524031/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『存在の彼方へ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061593838/qid=1143524129/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8960880-5103431
『レヴィナス・コレクション』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480084916/qid=1143524129/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9


参考:ソーカル事件の元となったポストモダン理論批判の著書

アラン・ソーカル/ジャン・ブリクモン著
『「知」の欺瞞』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000056786/qid%3D1143443244/250-8960880-5103431
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6


p.s. 尚、数学/自然科学篇、政治/経済篇、文学/芸術篇の文献リストも作成したいと思います。

p.p.s. 以下、第3版です。
http://d.hatena.ne.jp/sophiologist/20060331


■参考に関して訂正

訂正しようとしても、四万字の制限を超えてしまうので、ここで訂正します。
《参考:ソーカル事件の元となったポストモダン理論批判の著書》と書きましたが、正しくは、《参考:ソーカル事件の発端となった論文を含むポストモダン理論批判の著書》となります。どうも失礼しました。
posted by ソフィオロジスト at 03:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポストモダン理論とソーカル事件:ポストモダニズムと近代主義の衝突:モダンからパラモダンへ

ソーカル事件は、今や、忘失されているというか、日本では、あまり問題にならずに、忘却されたようだ。
 私は、社会的問題になっているときは、距離を置きたいと思い、関知するのを避けた。しかし、今や、「昔」の事件になったので、冷静に考えられるのである。かつては、本をちらと見て、感情的反発だと思ったものだ。しかし、今や、この問題が、重要な意義をもっていることがわかった。これは、近代主義とポスト近代主義との明確な闘争であるのである。近代主義とポスト近代主義とは、二律背反である。あれか、これかの、二者択一しかありえない問題なのである。
 今、ポストモダニズムは、一時の流行として、忘却されているが、しかし、これは、知的革新なのである。ポスト構造主義の不備、そして、日本におけるポストモダニストたちの不首尾によって、ポスト・モダニズムは、敗退した状態にあるのである。それに対して、不連続的差異論やヌース理論は、ポスト・モダニズムを徹底させているのである。つまり、ポスト・モダニズムとは、換言すると、近代的合理主義、近代的二元論的科学主義に対する現代的プラトニズムの絶対的闘争なのである。(ポストモダンという語が、言い古された感じがあるので、パラ・モダンないしパラモダンという語を造語したい。)
 モダンかパラモダンかである。つまり、モダンは、パラモダンを絶対的に否定するし、パラモダンもモダンを絶対的に否定するのである。しかし、問題は、パラモダンはモダンを高次に包摂しているが、モダンはパラモダンを包摂しえないことである。これは、相対性理論が、ニュートン・ガリレオ力学を包摂できることと類似的である。
 結局、モダンは、パラモダンを魔女狩り的に排除・隠滅しようとするのである。これが、ソーカル事件の意味ではないかと考えられるのである。モダンからパラモダン、近代からパラ近代への移行とは、実際、知的革新、知的革命・「進化」の以外のなにものでもない。これは、哲学、物理学、数学、神秘学、芸術等で準備されてきたものであり、不連続的差異論やヌース理論は、この知的跳躍の徹底である。近代主義の崖っぷちから、思い切って、宇宙・コスモスへと命懸けで跳躍することである。
 結局、私が執拗に偏執的に批判してきた近代的狂気とは、パラモダン、パラモダニズム、パラ近代に対する反動なのである。これは、今や、反動的狂気であり、自己中心的に、破壊的になっているのである。大澤真幸氏のアイロニカルな没入も、これに関係するのである。同一性構造の帰結である近代主義、同一性構造をもつユダヤ・キリスト教の帰結である西洋近代主義を、超克しないと、人類には、未来はないのである。パラモダン「大進化」である。PARAMODERN R-EVOLUTION!!! ここにしか、未来はない。

Without paramodern sophia, modern evil regime will ruin us all.
Overcome evil materialistic modernity and we will have paramodern new eden.
Since all modernity has become most evil and devilish,
Time has come for us to break up this darkest hell of modernity.
Let us destroy the craziest ancien regime of modern japan and the westernized world.
Great Cosmos of Supreme Idea is Emergent Inside Us to Create New Heaven and New Earth!!!

なにとぞ、近代的旧体制を破砕せよ!
創造せよ! 不連続的差異の共立するパラモダン世界を!
近代の破壊とパラモダンの創造、これあるのみである!
posted by ソフィオロジスト at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

不連続的差異論関連の読書・文献案内(哲学・思想関連)

不連続的差異論を理解するための、あるいは、未来を創るための、文献リストをここに記します。


プラトン著
『ティマイオス』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000904221/qid=1143437392/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『国家』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360176/qid=1143437442/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003360184/qid=1143437442/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431


スピノザ著
『エチカ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4124006403/qid=1143437799/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361547/qid=1143437623/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003361555/qid=1143437623/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431


ニーチェ著
『悲劇の誕生』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363914/qid=1143438378/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8960880-5103431
『道徳の系譜』、『善悪の彼岸』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080813/qid=1143436980/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『ツァラトゥストラはこう言った』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363922/qid=1143444476/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363930/qid=1143444476/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8960880-5103431
『このようにツァラトゥストラは語った』
http://www.bk1.co.jp/product/161882
http://www.bk1.co.jp/product/161883
『反キリスト者』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480080848/qid=1143442913/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/25 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003363949/qid=1143436980/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431 0-8960880-5103431
参考:
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1023.html


ジル・ドゥルーズ著
『記号と事件』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309706177/qid=1143436661/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-8960880-5103431
『ニーチェと哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772000151/qid=1143436847/sr=1-19/ref=sr_1_2_19/250-8960880-5103431
『差異と反復』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309230296/qid=1143437574/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『スピノザと表現の問題』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588003216/qid%3D1143443684/250-8960880-5103431
『スピノザー実践の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582764401/ref=pd_bxgy_text_2/250-8960880-5103431
『哲学とは何か』ドゥルーズ&ガタリ著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309241972/qid=1143444203/sr=1-23/ref=sr_1_2_23/250-8960880-5103431
『原子と分身』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886790070/qid=1143444203/sr=1-28/ref=sr_1_2_28/250-8960880-5103431


フッサール著
『デカルト的省察』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003364333/ref=pd_sim_dp_3/250-8960880-5103431
『ブリタニカ草稿』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4480088172/reviews/ref=cm_rev_more/250-8960880-5103431#4
『現象学とは何か』新田義弘著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061590359/qid=1143437137/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-8960880-5103431


D. H. ロレンス著
『黙示録論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480088873/qid=1143437903/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431
『無意識の幻想』
http://www.bk1.co.jp/product/483403/?partnerid=99easylink


根井康之著
『東西思想の超克』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/454083021X/qid=1143437261/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-8960880-5103431


井筒俊彦著
『意識と本質』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003318528/qid=1143438810/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431


ルドルフ・シュタイナー著
『いかにして超感覚的世界の知覚を獲得するか』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480086641/qid=1143438061/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8960880-5103431


半田広宣/砂子岳彦著
『光の箱舟』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198613524/qid=1143438130/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8960880-5103431
『2013:シリウス革命』半田広宣著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812700272/qid%3D1143441574/250-8960880-5103431


オスカー・ベッカー著
『ピュタゴラスの現代性』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875022069/qid%3D1143439529/250-8960880-5103431
『数学的思考』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875021453/qid%3D1143442355/250-8960880-5103431


参考:ソーカル事件の元となったポストモダン理論批判の著書

アラン・ソーカル/ジャン・ブリクモン著
『「知」の欺瞞』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000056786/qid%3D1143443244/250-8960880-5103431
posted by ソフィオロジスト at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ユダヤ/キリスト教西洋文明は地球の癌細胞であり、ガイアはイデアコスモス共立資本文化文明へ進化する

先の同一性に関する考察では、ヤハウェ=同一性構造(+の二回目の1/4回転)=アーリマン=ルシファー=ルサンチマン(=西欧近代的自我:この点は、言及しなかった)となったのであるが、つまり、ユダヤ・キリスト教の神は悪魔(ゾロアスター教で言う悪神アンラ・マンユ、グノーシス主義で言う邪悪な創造神デミウルゴスに相当するだろう)であることになったのである(イエス・キリストとは、イデア界と見ないといけない。だから、グノーシス主義のイエスが本来の像に近いと思う)。
 問題は、+の1/4回転の意味である。回転以前の領域、この場合は、メディア界であるが、このメディア界と+1/4回転の関係である。確かに、ここには、抑圧・排除・排斥・隠蔽等の暴力があるが、これは、外在的暴力=内在的暴力である。自己内他者である差異と自己外他者である差異への暴力的排除・排斥である。つまり、+1/4回転の暴力的メカニズムは、同一性による差異への排除・排斥的志向性(暴力・攻撃衝動)をもつ。これは、意志というよりは、衝動であり、言わば、止まらないものなのだろう(父権的暴力であるが、プロテスタンティズムのアメリカ、ユダヤ教のイスラエルは、いわば、国家暴力団である)。
 問題は、この二項対立(二値問題)が、基礎は一元論であるが、事象としては、二元論であることである。即ち、ヤハウェに対して異教・多神教・偶像崇拝(「悪魔崇拝」)があるということである(これは、同一性構造による差異的自然の排除である)。つまり、異教・多神教・偶像崇拝は歴然として存在しているのである。これは、一種倒錯的構造である。ヤハウェは、自己の同一性(アイデンティティ)のために、敵を必要とするのである。異教・多神教・偶像崇拝の存在によって自己確認しているのである。つまり、自律的ではなくて、他律的な神なのである。換言すると、情けない神である。自立していないのである。敵にもたれかかっているのである。いわば、癌細胞である。
 結局、+1/4回転とは、絶対的には、他者である差異を排除していないのである(他者である差異への排除衝動があるのである)。正に、二項対立のヒエラルキー構造(hierarchical binary)ということである。父権制・封建構造である。もし、ここで、ヤハウェが精神ならば、敵は身体である。そして、これは、正に、ポストモダンが問題にしたものである。とりわけ、デリダが問題にしたものである。しかし、この+1/4回転の捩れによる二項対立は、単純に転倒すれば済む問題ではない。何故なら、排除・排斥される差異とは、単に身体性ではなくて、本来は、差異関係であるからである。この場合はメディア界である。差異1☯差異2というメディア界を排斥・隠蔽しているのである。つまり、+1/4回転は、同一性構造を形成するが、そのとき、差異を排斥する形となるが、しかし、正しく言えば、排斥されたのは、差異1☯差異2というメディア界である。だから、同一性である知性・精神に対して、差異を身体とするのは、短絡的である。差異は、メディア界である。つまり、心身界である。また、これは、量子・素粒子界である。
 ポストモダン理論は、メディア界を掬い上げたと言えよう。脱構築とは、同一性の解体である。また、ドゥルーズの差異哲学も、同一性の解体である。しかし、そこで停滞してしまい、袋小路となり、衰退したと言えよう。とまれ、脱同一性構造としてポストモダン、ポスト構造主義があり、差異としてのメディア界を肯定したことになるのである(しかし、身体論は短絡的である。心身論が正しい)。そして、これは、死のエネルギーの賦活である(ここで、先に述べた現代の精神・社会病理は、この賦活された死のエネルギーを同一性・二項対立構造が反動的に抑圧・排斥することから発生するとまとめることができる)。
 現代をポストモダン・エラないしポストモダン・エポックと呼ぼう。しかし、これまでのポストモダン理論(ポスト構造主義も含める)は、中途半端であった、あるいは混乱・混濁していたのである。とりわけ、ドゥルーズ&ガタリの理論がそうである。なぜなら、メディア界には、イデア界が内在するからである。このイデア界とメディア界とを区別する必要があるのである。それが、これまで、不明確・不明晰・不分明であったのである。換言すると、メディア界の相補性の力学にイデア界が巻き込まれていたことになる。これは、ドゥルーズの差異哲学に顕著であると思われる。不連続的差異(特異性、単独性、絶対的差異 singularity)と連続的差異(微分=差異)の混同である。半田広宣氏は、不連続的差異の直立と表現されていたが、この直立性が問題にされないといけないのである。思うに、最初の1/4回転において、この直立がいわば排除されるのだろう。そして、ゼロ化による連続化が発生するのである。この直立とは、メディア界(メディア平面、内在平面)に直交するのではないだろうか。便宜的に、イデア界をX軸、メディア界をY軸、現象界をZ軸にすれば、確かに、イデア界はメディア界に直交しているのである(本当は、メディア界・メディア平面は、Y軸とZ軸が形成する平面だろう)。おそらく、イデア界において、理念である点としての無数の不連続的差異があり、それが、直立且つ共立しているのであり、それが、最初の1/4回転によって、ゼロ化して、連続化し、不連続的差異相互で、相補性を形成するということだろう。ドゥルーズ自身は、直立のことを知らないのではなかったが、それと連続的差異との区別を明確に理論化しなかった。そのために、内在平面は、イデア界とメディア界との混淆したものになっているのである。思うに、ドゥルーズ&ガタリは、共立平面・存立平面のことを述べていたが、これと内在平面との分明があいまいなのである。共立平面・存立平面がイデア界で、内在平面をメディア界とすれば、明確・明快・明晰になると考えられるのである。彼らの最後のコラボレーションである『哲学とは何か』は、この混同が生じている。(ドゥルーズとガタリのコラボレーションであるが、どうもドゥルーズ自身にとって、認識が混濁してしまった面があったのではないだろうか。ガタリはニーチェ嫌いであったのである。どうも、ニーチェ的な特異性・単独性の面が、共作において、排斥されてしまったのかもしれない。)
 以上から、ポストモダンは、メディア界そしてイデア界を内在しているものであることがわかった。現在におけるポストモダン「革命」の問題は、メディア界からイデア界への前進・進展である。不連続的差異論はこれを説いているのである。ポスト・ポストモダンないしディー・ポストモダン・脱ポストモダン depostmodern、あるいは、ラディカル・ポストモダン、根源的ポストモダン、不連続的ポストモダン等と呼べるだろう。ポストモダン・エラ、ポストモダン・エポックの死のエネルギーは、イデア界を志向しているのである。特異性・単独性・不連続的差異の直立的共立を志向しているのである。再イデア界化、イデア界への回帰、永遠回帰である。そして、これは、ポスト西洋文明、ポスト・ユダヤ/キリスト教的西洋文明、即ち、新しいイデア・コスモス地球文明を意味する。
 現代、ユダヤ・キリスト教西洋文明の反動的死のエネルギーによる同一性構造が暴虐を振るっている。それに対して、能動的死のエネルギーによるイデア界への回帰志向が世界的に発動していると考えられるのである。このコスモス史的闘争が、《ハルマゲドン》というか《逆ハルマゲドン》である。逆黙示録的終末論があるのである。ヨハネ黙示録のキリストとは、ヤハウェであり、悪魔である。だから、アンチ・キリストとは、アンチ・ヤハウェ、アンチ・悪魔であり、《超人》である。不連続的差異人間である。コスモス人である。homo cosmicoである。資本主義は、コスモス的資本主義となるだろう。不連続的差異の直立・共立を志向するコスモス経済である。資本は、共立資本となるだろう。資本主義が同一性(交換価値)によって支配されているものなら、これは、不連続的差異の直立・共立によって志向される経済であるから、脱資本主義、ポスト資本主義である。コスモス共立資本経済である。

尚、以上は、以下の考察における追記p.s.を独立させたものです。

「同一性に関する諸問題:同一性構造とメディア界から、不連続的差異のイデア界へと参入する」
http://ameblo.jp/renshi/entry-10010013089.html
posted by ソフィオロジスト at 17:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

同一性、ルサンチマン、近代的自我:同一性構造と差異的他者:特異性・不連続的差異進化へ向けて

メディア界からの1/4回転で、現象界が生じる。このとき、メディア界のもっていた相補性☯が隠蔽されて、同一性が生じるのである。それが、現象界の意味であり、近代的自我とはその究極的な形式だと考えられるのである。
 意識の問題をここでは考えないといけないが、メディア界において、差異1☯差異2ないし差異1⇔差異2というように双方向性がある。ヌース理論では、双対性と呼ばれるものである。この☯、⇔、双対性が排斥されて、現象界自我が生起するのである。図式化すれば、差異1=差異2である。この変換構造をどう形式化できるだろうか。これは、メディア/現象境界の構造の問題である。この境界、MP境界は、簡単に記号化すれば、☯/=である。メディア界の相補性の極性が、現象化する際、消失無化されるのである。換言すると、ゼロ化から無化である。メディア界においては、自己である差異1にとって、他者である差異2は、無くてはならないものであった。つまり、対極性・極性における他者・他極としての差異2であったから、その差異性が絶対に必須であったのである。しかし、さらに1/4回転したとき、無化が生じる。そのとき、極性が消失して、志向性は差異性ではなくて、同一性となると考えられよう。ゼロ化の志向性は極性ないし極性的差異性、相補性的差異性である。それが、無化の志向性となるのが、現象化である。極性がなくなり、差異性がなくなり、真の他者がなくなる。その替わりに、同一性化した他者が存するのである。あるいは、当為としての同一性の他者と言ってもいいだろう。これが、ドゥルーズが述べた構造としての他者であると考えられる。ここでは、ゆらぎが排除されている。完全なる二項対立、二元論の世界である。差異1=差異2である。半田氏が、ラカンの鏡像段階に言及して述べていた同一性がここで発生しているのであるが、私としては、鏡像段階という概念を使用せずに説明したいのである。自己である差異1が他者である差異2と等価になる。これまで、志向性は、差異的であったが、現象化においては、志向性は同一性的、同一化的である(id化である)。ここでは、イデア界にあった境界が完全に消失・無化されているのである。不連続的差異の完全な転倒である。ここでは、無という同一性が支配的である。そう、これは、本来、非存在なものであり、いわば、幽霊なのであるが、現存在していると見えるのである。(ここで、ウィリアム・ブレイクが、悟性機能を幽霊 spectreと呼んでいたのを想起する。)
 とまれ、この無=同一性の発生によって、差異1は差異2となり、差異2も差異2となるように強いられるのである。ここには、同一性の暴力があるのである。そして、意識が志向性であるならば、ここでは、志向性は無=同一性になっているのであるから、同一性の意識がここにある。これが、自我、とりわけ、近代的自我である。
 では、どうして、これが、二項対立、二元論となるのだろうか。ここは、旧約聖書のヤハウェを想起するといいだろう。ヤハウェは、イスラエルの民が、自分の命ずるところを聞かず、偶像崇拝を続けるので、復讐心に燃えて、異教を暴力的に排除しようとするのである。この異教排除が、二項対立、二元論と同型であると言えよう。超越一神であるヤハウェは、多神教を排除するのである。【ここで、興味深いのは、神はエローヒーム(複数)という名をもっていたことである。これは、思うに、ヤハウェの影である。つまり、メディア界における自分がそれであり、それを、いわば、異教へと投影して、攻撃していると考えられよう。】このヤハウェが同一性の起源であると言えるだろう。これは、異教=差異を排除しないではいないのである。ここで、実に興味深い、意義深いことは、同一性の力学・暴力は、当為でしかないことである。つまり、差異は、差異として、現象界に存在していることである。これは、最高度に喜ばしいことである。救い、「福音」である。
 ここで、もう一度、現象化の図式を考えよう。メディア/現象境界は、差異1☯差異2/差異1=差異2であり、現象化とは、差異1=差異2である。つまり、差異1・同一性・差異2である(・を無点としよう。)。即ち、見ての通り、差異が存在しているのであり、ただ、同一性が差異を同一性へと還元しようとする力学・暴力・当為をここに見なくてはならないということである。これが、二項対立、二元論なのである。そして、西洋近代において、これが、徹底したと言えるのである。いわゆる、近代的自我、近代的合理主義である。西洋の資本主義、植民地主義、帝国主義、オリエンタリズム、等々の権力・暴力・戦争主義の起源はここにあると言えるだろう。そう、ユダヤ・キリスト教的超越的同一性の帰結である。
 差異抑圧・排斥・排除・差別・隠蔽の力学は、西洋文明に内在しているのである。というか、ユダヤ・キリスト教的西洋文明に内在しているのである。アメリカ政府が世界に、身勝手に、おせっかいに、内政干渉的に、似非民主主義を押しつけるのも、この同一性暴力力学構造のためと言えよう。
 さて、結局、現象界、現象化においても、差異が存在していることがわかったのである。これはどういうことであろうか。それを検討する前に、本テーマのルサンチマンとの関係に触れよう。私はこれまで、ルサンチマンを、イデア界の共立共感性が否定された場合に発生すると考えたのである。しかし、以上の考察から、そうではなく、同一性構造からルサンチマンが発生すると考えた方が、合理論的である。同一性の意識が、差異である他者を意識したときに、生起するのが、ルサンチマン(嫉み、憾み、怨恨等)である。差異である他者が優れていればいるほど、同一性の自我はルサンチマンを感ずるのであり、その優れた差異である他者を排除しようと暴力を振るうのである。(だから、西洋のオリエンタリズムも、優れた他者である日本文明やイスラム文明等を排除しようとするのだろう。日本人よ、心して読め。)ここで、文化人類学者ルネ・ジラールの模倣欲望を想起するが、それは、正しい学説である。他者を模倣し横取りするというのは、正に、同一性の自我意識の態度であるからである。また、ラカンの鏡像段階の説であるが、これも同一性の構造の視点から説明できるだろう。
 さて、現象界においても差異が存在することの意味を考察しよう。この差異とは何であろうか。差異1・同一性・差異2の差異1と差異2である。これは、単純に見て、現象界において、差異と同一性とが並存しているということである。つまり、差異と同一性との分裂状態にあるのが、自我であると言えるだろう。これは、基本的には、誰もが感じるものである。他の誰でも無い「わたし」(差異)が存在し、また、同時に、他の人と同様に、働いて金を稼がなくてはならない「わたし」(同一性)が存在する。極く当たり前のことであるが、これが基本である。結局、資本主義においては、後者が主体になってしまう傾向があり、前者を抑圧し、忘失してしまうのである。それが、衆愚・愚民を産み出すのであるが。しかしながら、それは、近代的資本主義においてであった。今日、ポストモダン・エイジにあっては、前者の差異としての「わたし」の創造的発展が、資本主義に合致するようになっているのである。つまり、資本主義のポストモダン的転換があると見るべきである。(これは、私見では、ポスト資本主義である。差異共立共創資本経済である。)
 では、この差異は何であろうか。端的に言えば、私がこれまで述べてきた特異性であろう。私は、特異性が現象界においても存在していると、不連続的差異論の最初の時点から述べてきたのである。つまり、イデア界の不連続的差異=特異性が、現象界の差異として内在し、なんらか意識されているのである。換言すれば、現象界の差異とは特異性であり、特異性と同一性が現象界に存在しているということである。これが、現象界における差異の存在の意味である。結局、特異性(単独性)と同一性との闘いが現象界において発生するのである。これが、権力との闘いである。権力とは、同一性の原理にほかならない。
 ということで、解明されたとしよう。結局、ポストモダンとは、結局、特異性(単独性)を支点にした思想であることがわかるのである。いわゆる、相対主義は、付属する事柄に過ぎない。あるいは、イデア界的である特異性を志向する過程において生起する対極性・相補性であると言えよう。デリダの脱構築主義は、とりわけ、この相対主義、相補性に存すると言えるだろう。また、ドゥルーズ哲学の場合は、特異性をはっきり意識していたが、特異性(不連続的差異)と連続的差異との区別が為されず、混同していた面が強いと考えられるのである。この混同・混淆の原因は、メディア界自体ないしイデア/メディア境界にあると考えられる。つまり、ドゥルーズ自身、その領域で考えていたために、未分化となったと思われるのである。もっとも、ドゥルーズ自身、本来、三層性をもっていたのであるが、それが、充分に展開されなかった点もあるのである。やはり、ドゥルーズ自身、十分に、特異性の不連続性を理解していなかったのではないだろうか。自我において、個において、特異性とは、直接的には、直截には、心身領域、メディア界に存するのである。そこは、不連続性と連続性とが混淆・「習合」しているのである。だから、一般に特異性は、純粋に不連続化されずに、連続化作用を被ってしまうと考えられるのである。これが、ドゥルーズ&ガタリの説く再領土化に相応するだろう。つまり、斬新で、創造的であったもの、脱領土化したものが、いわば、必然的に反動化するのである。それは、メディア/現象境界の同一性の構造に支配されるからだと考えられるのである。連続性を否定しない限り、差異は、メディア界から現象界へと変換して、同一性の構造に陥るのである。そう、思うに、大澤真幸氏の「アイロニカルな没入」、あるいは、大澤真幸/ODA ウォッチャーズ両氏の三幅対論(プレモダン/モダン/ポストモダン、共同体/近代/ポストモダン、原理主義/近代/リバタリアニズム)であるが、その理由として、今あげたことが考えられるだろう。つまり、この三幅対論は、差異連続主義のものであり、この連続性がある限り、両端は一致してしまうと言えるのである。この袋小路、アポリアから脱出するには、連続性の絶対的切断、絶対的不連続化が必要なのである、その理論を不連続的差異論は提起しているのである。そして、それの意味することは、イデア界の肯定である。つまり、プラトン・ルネサンスである。プラトン主義、プラトニズムの勝利である。近代は、ユダヤ・キリスト教的西洋文明は終焉したのである。ここで、新しいミクロコスモスの世界文明の時代が開けたと言えよう。
posted by ソフィオロジスト at 23:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

メディア・エネルギーとイデア界:黙示録的終末論的現代と新コスモス文明夜明け前

死のエネルギーとイデア界の関係を述べたが、この辺りの問題はきわめて意義深い事柄であり、まだ不明な箇所がある。だから、本件について、より精緻に検討したいと思う。
 《心》とは何であるのか。《無意識》・《潜在意識》をも《心》に入れるならば、《心》とは正確に言えば、《心身》になると考えられる。思惟=心、延長=身体とするならば、メディア界において、思惟☯延長(思惟∞延長、思惟⇔延長)であるから、メディア界自体が《心身》と言える。これは、単に《心》でも、単に《身体》でもない相補性の領域である。今日、身体論が流行しているが、その身体とは、《心身》ないし《身心》と呼ぶのが的確・正確である。
 では、本件の問題を考えると、メディア・エネルギーとは、《心身》エネルギーであり、《心》の側面と《身体》の側面をもっている。スピノザ哲学で言えば、《心》という属性と《身体》という属性をもっているということになる。そして、スピノザの説く歓喜の情であるが、それを、私は、イデア界の共立共感性の情と考えたのであるが、この歓喜の情と《心身》はどう関係するのだろうか。結局、感情とは何かという問題でもある。
 ここで、少し作業仮説しよう。この問題の領域はイデア/メディア境界である。

                      《心》
                      /
1.イデア界・2.《IM境界・チャクラ》・3.《心身態=メディア》
                      \ 
                      《身体》

2のイデア/メディア境界IM境界に《チャクラ》があるとしよう。通俗に、心と言われるものはこの《チャクラ》の一つであろう。さて、感情とは、3の《心身態》の性質の一つであろう。例えば、いわゆる喜怒哀楽とは、この《心身態》の様態であろう。しかし、イデア界の共立共感的歓喜の領域は、純粋には、3ではないだろう。それは、2の領域に存すると思うのである。そして、これが、3の領域に接しているのである。イデア界の共立性が、2において、共立共感歓喜の情になるのだと思う。これは、根源的情、原情と言ってもいいものだろう。この歓喜原情が、通常の感情である3の《心身態》に作用するのである。精神性、精神的感情とは、2と3との接点に発生すると言えるだろう。
 では、ここで、メディア・エネルギーを考えてみると、3の《心身態》のエネルギーである。しかし、3は2を介して1のイデア界とつながっているのである。問題は、2と3との接点の様相である。もし、この様相が否定的であると、つまり、イデア界とメディア界とが、背反的であるときは、例えば、共立歓喜原情に対して、ルサンチマン的感情が支配的であるときは、どういうことになるのだろうか。そのときは、1と2とが連携していないから、イデア界の《力》が、メディア界に流入せず、メディア界=《心身態》は、否定的なエネルギーが支配的である。問題は複雑である。ルサンチマンと死のエネルギーの関係を明快にしないといけない。ルサンチマンは、共立歓喜原情が、冷暗・暗黒化して、《心身態》が否定化されたものである。それに対して、死のエネルギーとは、《心身態》=メディア・エネルギーが、マイナスの状態になっているものである。プラスのメディア・エネルギーが生のエネルギーであり、現象界へと転化するものである。それに対して、死のエネルギーとは、現象界から再びメディア界へ、さらには、イデア界へと回帰させるエネルギーである。これは、解体、脱構築のエネルギーでもある。これは、純粋なものとしては、ルサンチマンとは無関係である。ルサンチマンとは、生のエネルギーにより関係するものであろう。憎しみ・憎悪となったプラスのメディア・エネルギーであろう。それと、現象界の二項対立的近代的自我と結びつくと、利己主義的な凄まじい、獰猛な破壊力となるのである。
 だから、ルサンチマンと死のエネルギーを見ると、両者、異質のものであるが、攻撃・破壊性が共通であるので、混同されやすいだろう。問題は、ポストモダン時代である現代である。ポストモダンは、死のエネルギーの時代である。近代主義がすべて解体していく時代であるが、この死のエネルギーの攻撃・破壊エネルギーとルサンチマンが結合する可能性がここにあるのである。これこそ、最も恐ろしい事態と言えよう。明らかに強度の精神病理がここにある。どうも、ホリエモンの場合がこれであったのではないかと思われるのである。また、現代日本の若い世代が、このような病理を抱えているのではないかと思われるのである。ルサンチマン+死のエネルギーである。おそらく、これが、去年の衆院選挙で、自虐自滅的に小泉一派を選択させたのだろう。現代は、確かに一種黙示録的終末論的時代である。《ハルマゲドン》の時代である。アメリカはもとよりその傾向が強いし、イラン、イラクを含めてイスラム圏でもその傾向が強いだろう。グローバルな黙示録的終末論的時代である。そう、西洋文明が来るところまで来たのである。同一性構造暴力文明である西洋文明のどん詰まりに来たのである。新東洋文明・新地球文明の前夜である。夜明け前である。
黙示録論
 さて、ルサンチマンと死のエネルギーを区別することができたので、先に述べた、イデア界の共立共感歓喜原情と死のエネルギーとを、能動的観念を形成することを介して、結合させて、秩序創造的エネルギー・コスモス創造エネルギーに変容させるという未来創造をさらに構造分析すると、イデア界の共立共感歓喜原情と能動的観念がいっしょになると、イデア界の共立共感歓喜倫理理性になり、また、死のエネルギーは、もともと、イデア界を志向しているので、このイデア界的《理性》と結合して、秩序創造エネルギーはきわめて建設的なものとなると考えられるのである。黙示録的終末論的ルサンチマン/死のエネルギーと未来秩序・コスモス創造エネルギーはきわめて対称的である。暗黒と光明である。そう正に、ゾロアスター教的宇宙的世界観となる。西洋文明が悪神アンラ・マンユであり、新東洋文明が善神アフラ・マズダーである。ブッシュや小泉は当然、悪魔の一味である。
 とまれ、2.IM境界・《チャクラ》において、イデア界的共立共感歓喜倫理理性秩序構築・コスモス創造エネルギー(エネルゲイア)が発生して、世界を一新更新することになるのである。これが、イデア界コスモスの《摂理》・《法則》である。新しい太陽が昇ることになるのである。

Listen, Earth People!
A Wholly New Sun Will Rise Soon!
So Cautiously Prepare For the Day!

参考:「死の欲動」
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20060114
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4409310062/qid=1141709258/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-7564220-6771446

ゾロアスター教:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%95%99

『黙示録論』D.H.ロレンス著 ちくま学芸文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480088873/qid=1141731234/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-7564220-6771446
posted by ソフィオロジスト at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ジル・ドゥルーズ著「ミシェル・トゥルニエと他者なき世界」:ポストモダン・ポスト資本主義へ向けて

これは、ミシェル・トゥルニエ著『フライデー、あるいは太平洋の冥界』に対するドゥルーズによる書評であるが、哲学的分析であり、ドゥルーズ哲学のエッセンスがあると言えるだろう。主著『差異と反復』の大部の書を読むのは大変であるが、エッセンスを知りたいという人は、60ページに満たないこの小著を読むことを奨めたい。
 さて、ここで問題になっている世界観を簡単に記すのに留めたい。

1)他者の構造の世界(可能性の世界):同一性の世界である。構造主義の世界である。日常の世界と言っていいだろう。
2)分身・天空的イマージュ群の世界
3)解放された純粋な《諸元素》の世界:あらゆるものの直立、表面の直立:他者の消滅

この三つの世界があるが、2と3とは、他者なき世界、別の他者の世界、あるいは、《倒錯者的構造》の世界である。不連続的差異論の視点から見ると、

1)現象界とメディア/現象境界(構造):同一性
2)メディア界:相補性
3)イデア界;共立性:共直立性

となるだろう。この図式は、ドゥルーズの差異哲学が、本来何を志向していたのか明確になる。私が以前述べたが、ドゥルーズの差異哲学の主旨は、3にあったのである。ただし、ここでのような2と3の領域の区別が、他では、あいまいになるように思えるのである。この書評は、1967年の出されたものであり、ガタリとのコラボレーションが為される以前の著作である。そして、ここでは、多元論が明快に現れている。ガタリとの共作によって、明確な多元論が現れたと思ったが、それ以前にドゥルーズは自身で、多元論を構築していたのである。
 さて、このドゥルーズの脱構造論を、経済論に適用できるだろう。資本主義は、一般に、経済を1の世界に閉じ込めてしまうものである。たとえば、ポストモダンが、2の解放(脱領土化)であっても、それが、いわば、反動化して、1への閉ざされるのである(再領土化:これは、大澤真幸氏の「アイロニカルな没入」を説明するだろう)。ドゥルーズは、3への変換・究極的脱構造化を述べているのだから、経済も3の世界へと変換されるべきであるということになるだろう。これは、私が、提唱するポストモダンの《イデア》化の必要ということと一致する。どうも、ドゥルーズは、自分の開拓した前線を、後に閉ざしてしまった観がある。この小著でははっきりと、3の根源的世界を述べているのに、その後の大著では、この点があいまいになった嫌いがあると思う。思うに、ドゥルーズ自身が混乱したのではないだろうか。
 とまれ、これで、ポストモダン資本主義の方向が明確になったと言えよう。ホリエモンや短絡的な新自由主義のようにしてはいけないのである。時価総額は、1の世界である。また、市場原理は、2から1への再領土化の方向に転化するだろう。ポストモダン革命とは、2の世界が発動したことである。しかし、知覚の形態が、明晰になっていないから、1の形式にもどってしまうのでる。つまり、相補性が同一性にもどってしまうのである。ポストモダン資本主義ないしポストモダン経済とは、1の世界の構築へと向かうことが必然であると考えられるのである。そのことが、ドゥルーズの論理で裏付けられるのである。解放された《諸元素》の世界へとポストモダン経済へ進展すべきなのである。それは、イデア界としてのポストモダン経済である。これは、確かに、ポスト資本主義になるだろうし、また、私が、何度も述べているルネサンス的資本主義の進展であると言えよう。
 後で、ポストモダン・ポスト資本主義について検討したい。

参考1:
ミシェル・トゥルニエの『フライデー、あるいは太平洋の冥界』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000028642/qid=1141458380/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-3508088-664352
「ミシェル・トゥルニエと他者なき世界」『原子と分身』所収
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886790070/qid%3D1141457934/249-3508088-664352

参考2:不連続的差異論(はてなダイアリー)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c9%d4%cf%a2%c2%b3%c5%aa%ba%b9%b0%db%cf%c0?kid=98880

posted by ソフィオロジスト at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ヌース理論と不連続的差異論:ヌース理論の提唱者半田広宣氏と理論的交換をする

ヌース理論と不連続的差異論:ヌース理論の提唱者半田広宣氏と理論的交換をする


■はじめまして

はじめまして。
ヌース理論なるやや怪しげな宇宙論を展開しております半田と申します。
ヌース理論を検討問題として取り上げていただき、ありがとうございます。不連続的差異論、まだ,全部ではありませんが、大変、興味深く拝見させていただきました。
カバーされている範囲も広大で、とても野心的な思考の試みだと感じます。
いろいろと教えられるところも多く、持論を展開していく上でも大変,参考になります。時折、質問等もさせていただくかもしれません。そのときは何とぞ宜しくお願いいたします。
半田広宣 (2006-02-23 02:22:08)

■こちらこそよろしくお願いします

『光の箱舟』を少しずつ読んでいます。数学イデア論的発想で、とても、興味を引かれます。不連続的差異論は、数学に関しては、ODA ウォッチャーズ氏に負っていますので、
『不連続的差異論研究』をご覧ください。http://blog.discontinuousdifference.org/
哲学的には、ドゥルーズ哲学を、不連続性の視点から、批判的に進展させたつもりです。その後、ヌース理論に接しましたが、まだ、不連続的差異論の初期段階であったので、深くは認識する準備はできていませんでした。しかし、今は、不連続的差異論も、かなり、進展しましたので、ヌース理論を深く知り、不連続的差異論との比較論をしてみたいと思っています。こちらこそ、よろしくお願いします。
sophio renshi (2006-02-23 09:53:15)

■不連続的差異というタームに関して

不連続的差異論入門に目を通させていただきました。ドゥルーズ哲学の批判的乗り越えというのは極めてエクサイティングな試みですね。まだ全貌を把握しておりませんので、とんちんかんな質問になるやもしれませんが、大枠のところで一つ質問させて下さい。

「不連続的差異論」の不連続的差異という(理念)が持つ性格についてです。ドゥルーズは確か「差異と反復」の「理念」の章において、理念は〈差異化=微分化〉と〈異化=分化〉を共役的な関係に持つ、と明記していたような記憶があるのですが、ここで言われている不連続的差異とは、上の共役関係を分け隔てている差異とは違うものなのでしょうか。また、ドゥルーズはこうした理念の潜在的様態と顕在的様態にも触れ、その差異についても言及していたような記憶があります。ひょっとすると、不連続的差異とはその差異のことではないのかなっ、とも思ったりもしたのですが、見当違いでしょうか。宜しくお願いいたします。
半田広宣 (2006-02-23 14:48:59)

■核心的な問いだと思います:その1

半田様

どうもご高覧いただきありがとうございます。いただいた質問は、正に、不連続的差異論とドゥルーズ哲学とを分けるポイントにかかわります。おっしゃるとおり、差異化=微分化と異化=分化(これは、積分だと思います。あるいは、現象化です。)は共役関係と見ていいと思います。
「不連続的差異論入門」では、この部分を、ベルクソンやハイデガーに通じる部分と考えています。言い換えると、ドゥルーズが、かれらから継承した内容だと思っています。
 しかし、不連続的差異とは、その共役関係を分け隔てている差異ではありません。後者は、強いて言えば、不連続的差異論のメディア界と現象界との境界に当たるでしょう。
 不連続的差異とは、ドゥルーズのその部分ではなくて、ドゥルーズがニーチェから受け継いだと考えられる特異性(singularity)を指しています。ここのところは、いちばんのポイントだと考えています。簡単に言いますと、私見では、ドゥルーズ哲学は、一方では、ベルクソン、ハイデガーの「差異」を、他方ではニーチェの「差異」(=特異性・単独性)を同時に継承していて、「差異」哲学を構築していると思います。しかし、不連続的差異とは、後者のことであり、前者とはまったくべつのものと考えています。そして、後者の領域をイデア界と、前者の領域をメディア界と名づけました。ここが、不連続的差異論の核心のひとつだと思っています。
 私見では、ドゥルーズは両者を混同していると見て、両者を分離しました。これは、おわかりだと思いますが、樫村晴香氏の「ドゥルーズのどこがまちがっているか」というドゥルーズ批判に対する批判として、考えられたものです。樫村氏の論文がなければ、また、不連続性という視点がなければ、決して考え付かなかったと思います。
sophio renshi (2006-02-24 00:34:22)

■核心的な問いだと思います:その2

ところで、話が変わりますが、『光の箱舟』を読み進めています。よくわからない部分がありますが、急にわかる方が無理であり、わかる範囲で、理解していっています。五次元の二重性が興味深いものがあります。不連続的差異論で言うと、それは、メディア界に相当するように思われます。私の考えでは、「メディア」とは、思惟であり、延長です。スピノザの心身平行論の領域だと思っています。興味深いのは、ヌース理論は、思惟と延長とを質的に異なったものと見て、重ねている点です。これについては、わたしなりに、これから考えてみたいと思っています。

p.s. 第3章まで、拝読しました。とても、すばらしいと思います。不連続的差異論に通ずる考え方だと思います。ψ1〜ψ2の「物自体」ですが、それは、不連続的差異論のイデア界に相当するのではと思いました。読むのが愉しみです。
sophio renshi (2006-02-24 00:46:45)

■了解しました。

なるぼと、永遠回帰的なものの反復、反復不可能なるもの反復の方向性を明瞭に指し示すということですね。確かにベルクソンの差異には否定的なもの(現象的なもの)に従属した差異というイメージがあり、ニーチェの差異には肯定の対象たる差異そのものへの復元というイメージがあります。この対峙は、そのまま先日質問させていただきました差異の〈潜在的様態/顕在的様態〉の関係でもあると考えているのですが、確かにドゥルーズはそれらの差異については明確にはのべていませんね。了解しました。ありがとうございます。

ということは、わたくしの拙いイメージとしましては、

・イデアの潜在的様態=メディア界
・イデアの顕在的様態=イデア界

というような配置になりますが、このような解釈で宜しいでしょうか。
半田広宣 (2006-02-25 16:42:14)

■現象界/メディア界の幾何学的関係?

「光の箱船」はもう5年も前のヌース理論の内容なので、ちょっと赤面ものの部分もあります(^^)。現在は、数理物理的な構成も当時よりは、かなりしっかりしたものとなっています。不連続的差異論においてもイデア界と複素平面の関係が重視視されいるようですが、ヌース理論の方もスタンスはよく似ています。

ベルクソンの差異に関して言えば、当時、キュビスムの理論的リーダーであったJ・メッツァンジェなる人物が、キュビスムの絵画理論の裏付けをベルクソンに依頼したという話を聞いたことがあります。4次元と4次元時空という二つの異なる4次元をメディア界〈差異化-微分化〉と現象界〈異化-分化〉の基本的な配置と見なし、その共役性そのものの観察視点の運動を(ドゥルーズのいうex- plicate)をゲージ対称性の拡張構造と見ているのがヌース理論の基本アイデアです。
半田広宣 (2006-02-25 16:59:34)

■「イデア」の潜在的様態/顕在的様態

半田様

本件は、とても微妙なところがある問題だと思っています。不連続的差異論は、三層論で、現象界の超越論界として、メディア界があります。これは、ドゥルーズ&ガタリの内在平面と通じると思っています。そして、イデア界は、メディア界の超越論的領域だと考えています。
しかし、これは、私の直観ですが、このイデア界は、同時に、現象界においては、特異性として、いわば顕在しているのです。ですから、現象界に対して、二重の潜在界がありますが、根源的な差異・イデアの世界は、現象界に直截的に存するというものです。その点では、ご指摘のように、「・イデアの潜在的様態=メディア界
・イデアの顕在的様態=イデア界」と言えるのかもしれません。答えになっているか、恐縮です。
sophio (2006-02-26 14:43:08)

■「共役性そのものの観察視点の運動」というヌース理論の基本アイデア

これは、よくわかります。これは、ベルクソン・ハイデガー・ドゥルーズ的「差異」理論に、ゲージ理論を結合したものですね。この点での解明は、すばらしいと思います。
 不連続的差異論は、この連続的な「差異」とは別に、不連続な「差異」、特異性・単独性singularityを提起しています。これは、先に言いましたように、(キルケゴール・)ニーチェ/ドゥルーズの「差異」を純化したもので、これとガウス平面と結びつけています。この点のさらなる解明・理論化が必要だと思っています。
sophio (2006-02-26 15:07:18)

注:
以上は、http://ameblo.jp/renshi/entry-10009244583.html
のブログのコメントです。
__________________________________

■現象界・メディア界・イデア界の意味が分かりかけてきました。………1

 少しづつですが、不連続的差異論で使用されている、現象界、メディア界、イデア界の三層が織りなす関係性をヌース理論の構造論とすり合わせることができるようになってきました。不連続的差異論によってなされている既存の哲学・思想のクリアなマッピング作業がヌース理論の構造イメージを膨らます上で大変、役立っております。ありがとうございます。

 さて、メディア界=連続的差異で、イデア界=不連続的差異という言質について思ったことを一言述べさせていただきます。
 ヌース理論では、イデア界への侵入は思考と物質の一致によって果たされるものと考え、素粒子空間の構造をメディア世界の空間構造として捉えています。この構造はいわゆる西田哲学における場所の論理が働くところでもあり、この場所性は形而上学的伝統に従えば、あのプラトンが語ったコーラ(永遠の女/受容器)に相当するものではないかと思います。古代哲学的に言えば、ヌース(旋回的知性)が創造した世界を模造(現象世界)としてどこが孕むのか、という、その場の問題です。当然、この場は知覚=実在とするバークレーの観念論的位置を規定するものでもあるでしょうし、フッサール風にいうならば、現象化することの空無(メディア界においては現象化についてはいかなる言及もできないという意味です)を包括する超越論的主観性の位置をその臨界点として所持するような場の構成になっているはずです。この臨界点に至って、不連続的差異論が問題としている単独性が俊立し、ニーチェ的な永遠回帰の反復がイデアとして到来するという筋書きになっているのではないかと考えています。
半田広宣 (2006-03-01 18:16:40)

■現象界・メディア界・イデア界の意味が分かりかけてきました。………2

1より続き) その意味で言えば、メディア界とはイデア界を発芽させる意味での原-母胎空間と言えるような存在でもあり、ドゥルーズ=ガタリが「アンチ・オイデイプス」で取り上げた歴史における無意識機械の3段階的発展もメディア界の成長過程として捉えるのが自然なように思えます。

 「光の箱船」で着手したのは、まずはこのメディア界の構造性をトポロジーとして明確にしたいというものでした。その意味では構造主義が取り組んで来た人間の無意識構造をより具体的に指し示すことが目的だったと言ってよいと思います。ここではantares氏がhttp://ameblo.jp/renshi/entry- 10009447218.htmlで指摘されていた通り、ポストモダン、ポスト構造主義における連続的差異の範囲にある理論であることは否めません。

 ヌース理論の今後のシナリオとしては、素粒子空間とメディア界のトポロジー構造の対応関係を明らかにさせた後は、元素的世界へとその考察を進める予定でいます。いみじくもドゥルーズが「原子と分身」で語っていたように、絶対的な差異が直立していく世界は元素的なものの生成と一致するというのがヌース理論の考え方です。そうした意味で、ヌース理論の場合も、潜在的イデア=素粒子構造、顕在的イデア=元素構造という目安を持っています。
半田広宣 (2006-03-01 18:17:34)

■ヌース理論と不連続的差異論:1

半田様

どうも、丁寧なコメントありがとうございます。
1のコメントは、実に慧眼だと思います。私は、プラトンのコーラをどこに位置づけるべきか、ずっと悩んできました。直観では、メディア界ですが、イデア/メディア境界に限定したい気もあり、ゆらいでいましたが、メディア界とした方が明確だと思いますし、西田哲学の場所の論理も、確かに、メディア界にすれば、明快だと納得しました。コーラと同様に、イデア/メディア境界にしようか考えていました。もっとも、メディア界は、両義的ですから、コーラも場所の論理も、メディア界と考えればいいのだと思いました。
 さて、『ヌース(旋回的知性)』は、発想が、不連続的差異=イデアとまったく同じ考え方だと思いますが、1の後半の「古代哲学的に言えば、ヌース(旋回的知性)が創造した世界を模造(現象世界)としてどこが孕むのか、という、その場の問題です。」のところは、直観ではよくわかります。ここは、微妙ですが、簡単に言えば、メディア界です。そして、「この臨界点に至って、不連続的差異論が問題としている単独性が俊立し、ニーチェ的な永遠回帰の反復がイデアとして到来するという筋書きになっているのではないかと考えています。」の箇所ですが、これは、私がこれまで、考えたことがなかったアイデアで、新鮮です。すぐ答えられませんが、私のイメージでは、単独性は、不連続的差異そのものであり、また、イデア界そのものであり、それは、位置としては、イデア/メディア境界にありますから、果たして、「臨界点」にあるのかどうかは、考えたことはありません。しかし、私の考えでは、現象界においても、単独性=特異性=不連続的差異性は「顕在」しています。つまり、特異性/相補性/同一性という三重構造をもって個として「顕在」しています。結局、メディア界において、三重構造があるのですから、「臨界点」に単独性=特異性が俊立すると言えるのかもしれません。この点は後で検討したいと思います。(私が勘違いしているのかしれません。)
 
sophio (2006-03-02 23:00:24)

■ヌース理論と不連続的差異論:2

2のコメントですが、「絶対的な差異が直立していく世界は元素的なものの生成と一致するというのがヌース理論の考え方」はまったく不連続的差異論と共通だと思います。
 ODA ウォッチャーズ氏との合作である不連続的差異論に、深い理解を示された方は半田様が初めてではないかと思います。そして、この度、ヌース理論の目標が不連続的差異論と同じものであることがわかりました。これから、ヌース理論がイデア界をどのように数学的に整合化していくのかたいへん愉しみであります。どうも、たいへん有意義なコメントをありがとうございました。半田様とのコメントの交換をまとめて、ブログ上に掲載して、多くの人に、ヌース理論と不連続的差異論との関係ならびに両者の世界観を知るきっかけになればと思います。
sophio (2006-03-02 23:01:58)

■ヌース理論と不連続的差異論:3

半田様

「フッサール風にいうならば、現象化することの空無(メディア界においては現象化についてはいかなる言及もできないという意味です)を包括する超越論的主観性の位置をその臨界点として所持するような場の構成になっているはずです。この臨界点に至って、不連続的差異論が問題としている単独性が俊立し、ニーチェ的な永遠回帰の反復がイデアとして到来するという筋書きになっているのではないか」の箇所をやはり勘違いしたようです。「臨界点」を、イデア/メディア境界ととれば、正に半田様のおっしゃる通りです。「この臨界点に至って、不連続的差異論が問題としている単独性が俊立し、ニーチェ的な永遠回帰の反復がイデアとして到来する」、この言葉は、正鵠を射ていると思います。私がいつも考えている単独性=特異性であります。
 不連続的差異論の真の理解者ができました。これからもよろしくお願いします。
sophio (2006-03-02 23:51:56)


注:
以上は、
http://ameblo.jp/renshi/entry-10009608973.html
のブログのコメントです。
posted by ソフィオロジスト at 00:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

日本国民の覚醒を促す、森田実氏の日本救国の闘争宣言だ!!! これは、武士道の森田実氏の日本救国の炯眼の言葉である。 _____________________________

日本国民の覚醒を促す、森田実氏の日本救国の闘争宣言だ!!!

これは、武士道の森田実氏の日本救国の炯眼の言葉である。
_____________________________
________________________________________
 

2006.3.1
2006年森田実政治日誌[115]

小泉首相は直ちに辞職せよ!/小泉構造改革は日本社会を崩壊させる

【『月刊日本』3月号インタビュー記事】



 万死に値する小泉・竹中コンビ



 ―― 小泉政権の推し進めてきた「構造改革」でインターネット社会が急速に進展しましたが、そのアダ花ともいうべきライブドアの堀江貴文容疑者が証券取引法違反容疑で逮捕されました。ホリエモン逮捕で、小泉改革の陰の部分が一気に噴出した感があります。
 森田 ホリエモンを生み出したのは、実は小泉「構造改革」です。小泉政権が推進してきた構造改革路線は、今回のホリエモンの逮捕によって正当性を失った、ということです。
 小泉純一郎首相、竹中平蔵経済財政・郵政民営化担当大臣、武部勤幹事長らが、逮捕されたライブドアの堀江容疑者を昨年の総選挙に立候補させ、応援しましたが、これが小泉政権の本質を象徴的にあらわしています。
 東京地検特捜部が堀江容疑者を逮捕しましたが、この容疑者を小泉首相と竹中大臣、さらに与党の幹事長が積極的に構造改革の旗手として推薦・応援していた。この責任は大変重く、内閣総辞職に値することだと思います。
 ―― 小泉首相ら政府与党幹部は、「ライブドアの実態がわからなかった」などと弁解しています。 森田 証券取引法違反という容疑は総選挙の1年前のことですから、あらゆる情報を収集分析できる立場にある官邸が何も知らなかったということはあり得ません。ホリエモンのやっていることは怪しいと、匂いでわかったはずです。
 ライブドアが市場原理主義を振りかざして、ニッポン放送やフジテレビの買収を仕掛けていた頃から、私はこの人物はおかしいと睨んで、株価を意図的につり上げて違法なことをやっているのではないかと、マスコミを通じて何度も警告してきました。この問題は私だけではなく、多くの評論家も指摘していました。
 そんな人物を政府与党の幹部がこぞって応援し、国会議員にしようとした責任は非常に重大です。
 しかも重要なことは、ニッポン放送株の買い占めが時間外に行われたことで、これは証券取引法に照らして明白な違法行為です。百歩譲っても、道義的に許されざる行為です。その張本人を小泉首相、竹中経済財政政策担当大臣らが擁護し、選挙の応援をしたのです。違法行為、百歩譲っても、道義的に許されざる行為を最高権力者が擁護したということは、許されざることだと思う。
 小泉首相は「事件と選挙応援は別問題だ」と言い逃れをし、さらには「メディアがホリエモンを持ち上げた。逮捕されると、手のひらを返すのはどうか」と、逆にメディア批判を展開しました。国家指導者として、あまりに姑息な対応であり、情けないほどの卑しさだと思いますす。
 こうして儲けるためには法を曲げ、時には法に違反してもいいという無責任な風潮や論理が蔓延していますが、このままでは日本の秩序は崩壊してしまいます。この一点で、小泉内閣は総辞職に値すると私は考えます。
 ―― 自民党はホリエモンを亀井静香さんの選挙区へ刺客として送り込みました。この時、森田さんは「堀江のような男を国会議員にしてはならない」と演説されましたが、このホリエモンを精力的に応援したのが竹中大臣だった。彼は「小泉首相とホリエモン、そして竹中のコンビが、小泉改革を実現する」と叫んでいたにもかかわらず、マスコミの竹中批判の声は小さい。
 森田 おっしゃるとおり、竹中大臣の責任が最も重いと思います。彼は5年間弱の小泉政権で、むしろ小泉首相を引っ張る形で、一貫して金融自由化を推進してきた人物です。ライブドアの主たる業務は金融です。政府の金融問題に関する最高責任者が、ライブドアの支援者という存在ですから、ライブドアはいわば政府が国家保証したようなのです。
 竹中大臣の果たした役割は大変悪質です。彼は政府保証をして株価をつり上げ、大儲したあげく、食い逃げするのを黙認した。竹中大臣の罪は万死に値します。これは、武部幹事長と同等に扱うべきではない。もっとずっと深刻な問題なのです。



 平成版大政翼賛体制を可能にした電通の巨大な影響力



 ―― しかし、野党の竹中追及はきわめて弱い。また、どういうわけか、マスコミも竹中大臣に対しては腰が引けている。
 小泉政権の5年間、マスコミはワンフレーズの小泉言語の幻惑されて、政権批判を避けてきました。とくに昨年の郵政解散をめぐっては、郵政民営化の問題点を指摘した自民党の良識派を徹底して批判し、マスコミから干し上げましたね。
 森田 小泉応援団は、テレビをはじめとするマスコミでした。マスコミは権力者に都合の悪いことは報道しなかった。いわば、テレビ局は「権力の手先」になってしまった。テレビ局も新聞社も上層部が大体において政府に抑えられしまったのです。
 私は昨年の総選挙の前後、テレビで評論活動をしましたが、某テレビ局は、それまで私が一人で解説していた番組に自局の解説者を出演させ、敢えて私の発言を否定するコメントさせるなど、意図的に私の発言を邪魔しようとした。他のテレビ局もほとんど録画取材で、テレビ局の都合の悪い部分、つまり小泉批判の部分をカットして、放映する。テレビ局は完全に小泉政権の手先になってしまいました。テレビ局およびその政治部記者がほとんど権力の「お庭番」になってしまった。実に残念なことです。
 マスコミが報道姿勢を曲げた重要な原因の一つに、「広告」という要素があります。テレビ局は民放の場合、100%広告収入に頼っています。このテレビ局や新聞の広告収入に絶大な影響力をもっているのが、広告代理店最大手の電通です。新聞社の収入も、いまや購読料よりも広告料に比重が移っています。テレビや新聞が広告収入に依存する割合が大きくなった分だけ、電通が強大な影響力を行使するようになってきたのです。 ―― これまで電通を論じることはタブー視されてきました。「電通を批判したら、テレビや大新聞に登場できない」と言われてきましたが、森田さんは敢えて電通を批判しておられます。
 森田 すべてのマスコミは電通の軍門に下ったということです。「電通に睨まれたらオシマイだ」という状況下で、小泉政権は電通と手を組んだのです。小泉政権―電通―大新聞―テレビが一体になった「平成版大政翼賛体制」を可能にしたのは、電通の巨大な影響力です。
 この電通は実は、アメリカ共和党系の広告会社と提携しており、日本政府―アメリカ―電通が一体となって、日本のマスコミをコントロールしているといっても過言ではありません。アメリカは日本のマスコミを使って小泉政権を支え、小泉政権によって日本国民の富をかき集めてアメリカに流し込む、こうした役割を小泉政権に果たさせているのです。
 こうして、小泉政権は巧妙にメディア戦略を駆使しながら、公明党や官僚をも取り込み、「平成版大政翼賛体制」をつくって、国民を収奪しています。これが小泉政権の本質なのです。



 ブッシュのポチに成り下がった小泉政権



 ―― 「光と陰」が、流行の言葉になっています。
 森田 私に言わせれば、「光と陰」ではなく、構造改革を標榜してきた小泉政権は実は「暗黒社会」を日本にもたらしたのです。 光が当たっているのは大資本家やライブドアなど、「国民の大部分が貧困化してもよい。われわれだけが金儲けすればよい」と考えている連中だけです。彼らはリストラやマネーゲームで利益を上げ、大儲けしています。しかし、彼らは愛国心を失った、自分さえよければいいという連中です。大部分の国民は日陰に放置されたままです。
 ここで私が強調したいのは、小泉政権になって一番儲けているのは、アメリカだということです。小泉政権は日本国民の富をアメリカに移転する仕掛けを完成させ、アメリカに貢献してきたのです。
 ―― 「対米隷属政権」の小泉政権は、完全にブッシュのポチに成り下がったということですね。
 森田 そのとおりです。
 アメリカは冷戦時代に、ソビエト連邦に勝つために軍事力を拡大し、同時に国民の支持を得るために巨額の減税をしました。軍事費拡大と巨額の減税で、アメリカの財政は破綻寸前になりました。本来であれば、アメリカは自国民から税金を集めて、自国の国家戦略を遂行すべきです。ところが、レーガン政権はアメリカ国民に減税をする一方、軍事力を急速に拡大した結果、巨額の双子の赤字が出しました。
 実は、この赤字の穴埋めをしたのが日本なのです。
 中曾根政権下の1985年9月22日の「プラザ合意」で、対米従属の第一歩を踏み出しました。プラザ合意で急速な円高になった日本は、ドルを遮二無二買いました。そのドルでアメリカ国債を買った結果、日本の巨額な金融資産はアメリカに流出してしまった。アメリカ政府は「日本の安全はアメリカが保障している」と、このカネを返すつもりはありません。90年代後半期に訪米した橋本首相は「米国債を売ろうという誘惑にかられる時がある」と述べて、アメリカの怒りを買った橋本政権は吹っ飛ばされてしまいました。
 90年代初めにクリントン政権が登場して、「年次改革要望書」が出されれるようになりました。郵政民営化はこの「年次改革要望書」の中で、アメリカが執拗に要求していた問題なのです。クリントン政権下で一時は持ち直すかに見えたアメリカの双子の赤字は、ブッシュ政権になって再び急増して、アメリカの財政は破綻寸前です。そこで郵貯・簡保の350兆円の金融資産をアメリカに移転させ、赤字を埋めようようというのが郵政民営化の本質なのです。つまりアメリカの財政赤字を日本の金融資産で補填させようというのです。
 アメリカは、日本の金融資産による米国財政の赤字補填を露骨にやらずに、「年次改革要望書」という形で日本の構造改革を誘導しようとしました。それが小泉政権のいう「官から民へ」というスローガンで進められた郵政民営化なのです。民営化すれば、自由競争で強い者が勝つのは当然です。このアメリカの遠謀深慮が功を奏して昨年8〜9月に、ついに小泉首相が郵政クーデターをやったというわけです。
 07年10月に郵政公社が完全に民営化するや否や、外資が民営化した会社を買収して、日本人が営々として貯めた富がアメリカに流出することは目に見えています。
 ―― このまま小泉路線が続けば、日本の富は枯渇し、スッテンテンになってしまいますね。
 森田 日本は搾り取るだけ搾り取られて、2015年あるいは2020年頃にはボロボロになる。その時、アメリカはインドと中国を新しいパートナーにするでしょう。アメリカは、こうしたことを見通して、渡り鳥のように次の目標を設定して飛び立つ準備をしているのです。
 小泉首相は唯々諾々と、このアメリカの戦略に従っている。これが小泉政権の本質だと私は見ています。



 小泉構造改革で地域社会は死んだ 



 ――― 小泉構造改革の陰で全国の地方社会が疲弊したと聞きますが、実態は?
 森田 小泉首相は「三位一体改革」と称して、全国の地方自治体に対する補助金を大幅にカットしています。地方の公共事業もどんどん減らしています。公共事業と自治体に対する予算削減額は年間約6兆円に上っています。アメリカに巨額の資産を流出させていながら、地方からは搾り取っている。だから地方はもうカラカラになって、悲惨なものです。
 国庫補助金や公共事業を削減すれば、、公共事業でやってきた地域社会はどんどん疲弊しており、災害が起こっても復興事業を行えない状態になっています。それほど日本の地域社会はガタガタになっているんです。
 政府は「景気は回復した」と言っていますが、地方に行くと、「どこの国のこと?」という感じです。最近、帯広に行きましたが、町は閑散としており、地域経済はメチャメチャだそうです。熊本でも「東京が景気がいいそうだが、この景気が熊本にくるには10年ぐらいかかりますかね」と言っており、地方経済は大袈裟に言えば絶望的です。
 このように小泉構造改革の陰で全国の地方社会が疲弊し、賃金がどんどん下がって、平均年収200万円を割るなど、貧困化が急速に進んでいます。
 さらに小泉政権は政府系金融機関の整理統合を進め、中小零細企業向けの金融機関をなくそうとしています。この結果、今後、中小零細企業の倒産が増大する可能性があります。実はアメリカでは、行き過ぎた自由競争の結果、中小零細企業の倒産が相次ぎ、健全なアメリカ社会と構成していた中間層が崩壊してしまいました。小泉政権の構造改革の名の下に、日本でも健全な中産階級が崩壊するのは目前です。
 行き過ぎた小泉構造改革が作り出した社会の歪みを是正することが、ポスト小泉政権の喫緊の課題です。そのためには経済成長によって全国民の生活レベルを上げる政策をとり、全国民が希望を持てる世の中にすることです。



 正常な判断能力を失った小泉首相



 森田 小泉構造改革は社会的・経済的強者だけに躍進のチャンスを与えました。地域で見ると、東京を繁栄させ、地方を切り捨てただけです。大工業を栄えさ、中小零細企業を衰退させました。国民は少数の成功者と、大多数の不成功者に分かれました。
 つまり小泉改革は強者に光をもたらす反面で、弱者を陰の地帯に放置したのです。
 しかも小泉首相が悪質なのは、マスコミを使って「改革だ。改革だ」と煽りたて、地域社会は火が消えたようになってしまったことです。この結果、生活保護者世帯が急増し、大衆の貧困化がすごい勢いで進んでおり、少数のホリエモンのような、どう考えてもまともな商売ではない手馴れた連中だけが儲かっています。
 去る2月1日の参院予算委員会で小泉首相は「格差は悪いことではない」と答弁しましたが、私はこの答弁は開き直りの暴言であり、内閣総辞職に値するものだと思います。
 さらに小泉首相は「成功者を妬んだり、能力ある者の足を引っ張ったりする風潮」を非難していますが、内閣総理大臣たる者は、このような国民を馬鹿にするような発言は厳に慎むべきだと思います。小泉首相はもはや正常な判断能力を失ったのではないかと思うほどです。9月の任期を待つことなく、いますぐにでも辞任すべきだと思います。
 前述のように、日本の巨額の国富をアメリカに移転させ、その結果、日本の中小零細企業をいじめ、地方を切り捨てて、中産階級を崩壊させてしまいました。小泉首相がやってきたことは、自民党を潰すことではなく、日本社会を潰すことだったのです。
 私は、小泉政権の5年間は「罪と罰」だと思います。「罪」多き者は「罰」を受けなければならないのです。



 日本のマスメディアはインチキだ



 ―― それにしても、マスコミは堕落、腐敗しましたね。
 森田 私は占領下の日本を知っていますが、この7年弱の占領期間中に日本のマスコミは完全にアメリカに骨を抜かれてしまった。終戦後、私のいた日本評論社は『日本評論』という総合雑誌を出版していましが、占領政策批判の記事を掲載したとたん、即刻発行禁止処分を受けました。当時の総合雑誌『改造』も占領政策批判をして同様に発行禁止にされ、結局倒産してしまいました。占領軍は、表向き民主主義を推進・擁護していましたが、裏へ回ると、アメリカや占領政策を批判をするものは容赦なく潰してきたのです。
 ―― 占領軍はプレス・コードを発令し、憲法で禁止さていた検閲を実施しました。

 森田 彼らの巧妙なところは事前検閲をし、検閲事態を闇の中に隠してしまったことです。当時の新聞社はそれに脅えて、「占領軍に睨まれたら終わりだ」「アメリカ批判さえしなかったら生き延びられる」ということで、批判精神を放棄してしまいました。マスコミは、アメリカを批判をせず、ゴマすりをし、さらにはアメリカ賛美の宣伝だけを報道するようになってしまった。これを私は自分で体験してきたからこそ、よく知っています。
 かつて江藤淳さんが、著書『閉ざされた言語空間』の中で、アメリカの資料を駆使してこのことを実証的に検証しています。
 ―― 彼ら大新聞は占領軍に協力して検閲をし、国民の「知る権利」を奪ってきた。しかし、いまだに彼らは自己批判していません。自分たちの都合のいい時だけ、国民の「知る権利」を主張していますが、これは許せない。
 森田 日本のマスメディアはインチキです。自分たちは格好のいことを主張しながら、肝心のアメリカには腰が引け、ゴマばかりすっています。戦後はアメリカで教育を受けた新聞社の編集者・記者が増えて、アメリカの徹底批判を避け、アメリカは日本よりすぐれた国だという幻想を振りまいているのです。アメリカ賛美がマスコミの役割になってしまっているのです。日本のマスコミはこういう状況に置かれてしまい、正当なる批判精神を失ってしまいました。真実を報道するという姿勢すら失ってしまったのです。
 とくに小泉政権になってから、権力によるマスコミの完全支配が確立しました。これに、電通が加わることで、二重三重に小泉政権によるマスコミの支配が確立してしまったのです。そして不思議なことは、誇り高いはずのマスコミ言論人が、権力に唯々諾々と従っていることです。ここが、問題なのです。



 日本人よ、独立心を取り戻せ!



 ―― 最近の日本人には、独立国として生きていく気概が希薄になってしまったのでしょうか。
 森田 日本は独自の歴史・伝統・文化をもった人口1億2700万人の大国です。日本は独立自尊の国家として生きていくしか進路はありません。ところが、私が講演で全国各地に行くと、まったく異人種かと思うような人が時々いるのです。彼らはこう言うのです。「われわれ日本をアメリカの51番目の州にしてもらい、アメリカに全部面倒見てもらった方がいい」
「アメリカ市民として日本人に選挙権を与えてもらえれば、日本人を大統領に選べるチャンスがある」
 はじめは冗談かと思いましたが、そうではないのです。日本国民たる者は独立国日本として生きていくという気概をもっているものだと思ったら、こういう人が出てきたのですから、恐ろしい時代です。
 これは、長年にわたる日米同盟の宣伝のために日本人が独立心を失い、独立国家としての気概を失ってしまったからです。国連加盟国に中で、独立国として生きていくという気概・精神を失ってしまった国は他にあるのだろうかと思うと、情けない。かつてのソビエト連邦下の東欧衛星諸国は傀儡政権でしたが、彼らは厳しい統制下でも民族自決の気概を燃やし、国家独立の機会を虎視眈々と狙っていました。
 1億2700万人の人口を擁する大国の国民のなかから、「アメリカの一員にしてもらいたい」「植民地になってもいい」などと言う者が現れるほど、情けない国になってしまったのか、と言いたくなります。小泉政権になってから、そういう人が増えてきた。実に痛恨の極みです。
 ―― いまの政治家に何を期待しますか。
 森田 私は政界、官界、経済界、マスコミ界の指導者の能力が低く、時代とともに低下していることを本当に残念に思います。とくに政治指導層の力量の低さは深刻です。最近の政治家について言えば、政治能力は20〜30年前までの政治家に比べて著しく低下しています。30年ほど前の政治家には、第1次大戦、第2次大戦を体験した人も多く、高い政治能力をもつ人が多かったと思います。いまの政治家はもっと自己研鑽に励むべきです。
 それらの政治家と今の政治家の違いの一つは、昔の政治家が 「よく考えた」のに対して、いまの政治家はあまり考えません。日本の国のことを真剣に考えない政治家が増えています。古代の政治家キケロは「生きることということは考えることである」と言いましたが、最近の政治家は自分の頭で考えることをしない。もっと考えてほしいと思う。
 もう一つは、昔は長期的に物事を考える政治家が多かったが、いまはほとんどいません。孔子は「遠慮なければ近憂あり」(長い将来のことを考えないでいると、近くでよくないことが起こる)と言いましたが、日本の最近の指導者は遠い将来のことをあまり考えません。
 概していまの政治指導者には、国家の長期戦略がありません。アメリカが日本の基本方針を決定し、日本政府はそれをそのまま実行するというのが実態です。長期的視点に基づく戦略・戦術思考がないから、国際情勢の精密な分析ができない。国際情勢の見方・判断をアメリカに頼りきっています。また彼らは日本自体のことをも真剣に調査・研究していない。日本の指導層は、孫子のいう「彼」も「己」も知らない状態にある。これでは、うまくゆくはずがない。このことを自覚し、反省する必要がありますね。
 私も73歳になりましたが、小泉のような人物に日本を蹂躙され、アメリカの従属国にさせられたままでは、静かにあの世へ行くというわけにはいきません。
 私は最後のご奉公として、「老人パワー立ち上がれ!」「植民地日本を子孫に残せるか」と、立派な独立国としての日本を残すために、残されたパワーを炸裂させようじゃないかと、全国各地で呼びかけているのです。
【以上は『月刊日本』3月号に掲載されたインタビュー記事です。同誌編集部の承諾をいただき掲載しました】


http://www.pluto.dti.ne.jp/%7Emor97512/C02493.HTML
posted by ソフィオロジスト at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。